【画像】縮毛矯正の頻度を減らす方法【サロニアのヘアアイロン使用】

縮毛かけて数か月経ち、くせが目立ってきた。
でも何回も美容院に行きたくない・・・

くせが出たところにヘアアイロンをあてても、すぐに広がる

こんな悩みを解決します。

記事を書いた人:アラサーかりんこ
縮毛矯正歴8年以上、現在は縮毛の頻度を半年に1回程度に減らす。
美容院に行かずに髪をキレイに保てるかを研究中。

記事の内容
・縮毛矯正について
・縮毛矯正かけて半年放置した髪(画像あり)
・しっかりまっすぐになるヘアアイロンを使用する重要性
・縮毛矯正は、まっすぐになるヘアアイロンを持っていれば半年に1回でも大丈夫

目次

縮毛矯正について

縮毛矯正とは

くせ毛を専用の薬剤を使い、半永久的にストレートに保つ技術のことです。

縮毛矯正をかけた部分はまっすぐになりますが、根元から生えてくる髪はくせ毛のままです。

そのため、キレイなストレートを保つためには定期的に縮毛矯正をかける必要があります。

縮毛矯正をかける頻度

一般的に、くせが強めな人は3~6か月ごとにかけるのが目安とされています。

3か月たつと、根元から生えた地毛と、縮毛をかけた髪の境目が見てわかるようになります。

6か月たつとつと、くせが強い人は、髪をセットしたり結ばないとボサボサした野暮ったい印象になりやすいです。

1回かけると永遠にかける必要がある?

くせが強い方は、キレイなストレートを保つためには、数か月おきに縮毛をかける必要があります。

しかし、かりんこは1年以上縮毛矯正をかけなかった期間や、ショートカットにする等して縮毛矯正に頼らない方法を見つけたため、永遠にかけ続ける必要はありませんので安心してください。

縮毛矯正後、半年経った様子【画像あり】

これは、朝起きてそのまま何もしていない状態です。

縮毛をかけたところと、地毛の部分の違いがかなりはっきりしています。

内側の髪のうねりも強く出ています。

サロニアのヘアアイロンを使って、髪をまっすぐにした状態

5分位かけて、サロニアのヘアアイロンを使用してくせ毛をまっすぐに伸ばしました。

髪を痛めないように、市販の熱ダメージを軽減するミストをしていますが、なくても仕上がりに違いは感じません。

地毛のくせ毛の部分と、縮毛をかけた髪の境目がほとんど分からなくなっています。

サロニアのヘアアイロンはくせ毛もストレートになるため、縮毛の回数を減らせる

以前、記事にもしましたが、私はサロニアのヘアアイロンを使用しています。

値段が安いのに、髪がキレイにまっすぐになり、ストレートの持ちも良いです。

朝のヘアセットがしやすくなったため、くせが目立ちはじめても気にならなくなり、現在は半年に1回の
ペースまで縮毛矯正の回数は減らせています。

使用して8時間後

下の写真は、ヘアアイロンを使用た直後と、8時間後位の写真です。

くせの強い部分は若干くせが出て、全体的なボリュームも若干出てしまっていますが、気にならないぐらいの差です。

仕上げのオイルやスプレーを使用すれば、もう少しボリュームを抑えられると思います。

私は、ドライヤー前の使用が中心ですが、仕上げのオイルにはN.ポリッシュオイルがベタつかないのでおススメです。

まとめ

縮毛矯正を何回もかけに行くのが大変な方は、半年に1回のペースでも大丈夫です。

しかし、何もしないとくせ毛が目立ち、髪がボサボサの状態になります。

そのため、しっかりストレートになるヘアアイロンを使って髪をセットしましょう。

おススメはかりんこも現在使用している、3000円台でもくせ毛をしっかりまっすぐにしてくれる、
サロニアのヘアアイロンです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる