掃除が面倒!1万円台のロボット掃除機を1年間使ってみた【時短家電】

そうじ嫌

毎日の床掃除が面倒・・・

ルンバは4万円以上するから買えないよ

この記事ではそんな悩みを解決します。

極度の面倒くさがりで、家事に時間をかけたくないかりんこが、実際に1年以上使用し、

ルンバの半額以下のロボット掃除機(約1万6700円)により、日常の床そうじから解放された話です。

現在の床そうじ時間(1週間):毎日ロボット掃除機を稼働。週1回、掃除機がけ+クイックルワイパー=15分

使用しているもの:ILIFE V3Pro(現在約1万2700円まで値下がり)、1年以上ほぼ毎日稼働・故障なし

目次

【購入理由】掃除はめんどくさい!でも子供がいるから床はきれいにしたい!

1年以上、ほぼ毎日使用

私がロボット掃除機を買ったのは、育休中で、第一子が1歳になる前でした。

「子供が床と接する時間が多いから、毎日きれいにしなければいけない!」という思いと、

「0歳児育児中、育児と最低限の家事でクタクタ。そうじまで手が回らないーー」という気持ちで余裕がありませんでした。

そんなとき、ネットで【そうじ 時短】で検索すると、ロボット掃除機がおススメだという記事を見つけました。

これがあれば自分で床そうじをしなくて良いし、予約機能があるものを買えば、子供と出かけているときに

勝手に掃除をしてくれる!?神家電!!買うしかない!とテンションが上がりました。

しかし、いざネットで探すと、有名なルンバは最安値の機種でも4万円以上、

2万円以下のものは、聞いたこともない外国のメーカーの商品が多く、機能や故障等が不安でした。

コスパが良くて機能が良いものを探すべく、購入者の口コミを何百件以上も見て、

最終的に【ILIFE  アイライフ V3s Pro:当時1万6700円位→現在1万2700円位】を選びました。

1年使用してみてのメリット【予約機能が便利・自分で充電スポットに戻る】

時間はかかるが、ほこりや髪の毛の他に、小さなゴミも吸い取ってくれる。

吸引力は、心配要りません。1回で、これほどのゴミを吸ってくれます。

掃除機をかけた後、ロボット掃除機をかけたところ、小さいゴミがさらに結構取れていたので、

時間がかかる分、丁寧に隅々まで吸い取ってくれています。

私はタイマーをセットし、1日1回、決まった時間にかけています。

1回タイマーをセットすれば、解除したり電源を切らない限り毎日同じ時間に稼働します。

音がドライヤー並みにうるさいため、休日等は、出かける前に手動でスイッチを押して稼働させるのがおススメです。

大体60~90分位稼働すると、自分で充電スポットに戻るため、誰も家にいないときに何時間も稼働ししていた、なんて

ことはありません。

充電スポットに自分で戻ります

2DKの一般的な広さのアパートなら、1台で家中を掃除してくれる

動かす前に、扉を開けっぱなしにし、物をあまり下に置かないようにする等

環境を整えれば、2DKの一般的な広さのアパートだと1台で家中の掃除をしてくれました。

メタルラックの下にも入っていき、少しの段差なら自力で乗り越えます。

15㎝位の段差があると、センサーもあるため、下に落ちたりはしません。

※部屋数が多かったり、広かったりすると、掃除していない所が増えてしまうかもしれません。

1年以上、ほぼ毎日使用しているが、故障は1度もない。

口コミを見ると故障したという書き込みもあったため不安でしたが、1年以上ほぼ毎日使用していますが、

壊れたことはありません。

フィルターとサイドブラシは、何個か一緒についてきましたし、使い切ってもネットで売っていますので

安心です。

デメリット

低い段差は落ちます。充電スポットに戻れていない時もたまにあります。

高さがあまりない段差には突進していき、落ちてしまって動けなります。

なにかに絡まって進めなくなったり、充電スポットに行く前に力尽きていたりと、

ちょっと惜しいことも多々ありますが、そこは値段以上の働きをしてくれているため憎めない所です。

玄関の段差が低いときは、玄関にゴミ箱でバリケードを作って落ちないように環境を整えてあげる必要があります。

性能が良いロボット掃除機にはスポット機能があり、「ここは掃除しない!」という場所を設定できますが、

ILIFE V3Proにはその機能がありませんので、稼働前にはできるだけ下に物を置かず、低い段差には

バリケードを作る必要があります。

子供やペットがいる場所で使用するときは親も一緒に

私は子供が1歳になる前に購入しましたが、子供がいる部屋で動かすときは必ず親も一緒にいました。

(小さい子は、そもそも目を離さないですが)

現在は子供の体も大きくなり、ロボット掃除機によってケガをする心配は少なくなりましたが、

小さい子供やゲージに入れていないペット等と一緒の空間で使用するときは、大人もそばに居て、目を離さないように

注意が必要です。

ロボット掃除機による事故・ケガには注意

過去に、ロボット掃除機が、付けっぱなしの電気ストーブを押し出したことによる火事が起きています。

火事や事故、けが等を起こす危険があるものは、電源を切ったり使用前に安全な場所に移動するように注意が必要です。

どんな商品を買っても、取り扱い説明書に詳しい使用方法が記入されていますので、使用するときは

必ず目を通してください。

そうじの手間がなくなる代わりに、誰かがケガをしてしまったり、火事が起きてしまうのは、本末転倒です!!

【まとめ】ロボット掃除機がおススメなのは忙しい方、子育て中のママ等!コスパが良いのはILIFE V3Pro

ロボット掃除機は、自分で掃除する手間をなくしてくれますので、そうじが嫌いな方、忙しい方、特に働くママさんには

おススメの時短家電です。

逆に、日中に家にいることが多い方は、毎日60分以上うるさい音を聞いていなければいけないため、

出かけるときのみ使う等、工夫が必要かと思います。

性能やカッコよさでいえば、ルンバが1番ですが、最低限の機能で十分・コスパが大事な方には

ILIFE V3Proがおススメです。私が買った当時は16700円位しましたが、現在は1万2300円ほどになってお得です

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる