管理栄養士を辞めようと思った理由

目次

来月から無職になります。アラサー管理栄養士のかりんこです。

はじめまして。かりんこと申します。

病院で管理栄養士として働き5年以上になります。

正社員で収入は安定しており、ボーナスもしっかり出て、比較的休みも取りやすい、労働条件の良い職場ですが

この度、仕事を辞めることにしました。

仕事に行きたくない気持ちが強くなりすぎて、

「車で通勤中に事故にあえば行かなくていいのかな」

「どうやったら入院できる程度にケガができるかな」等ということばかりずっと考えていました。

家に帰ると、横になり起き上がれなくなったり、休日も全く楽しめない、

自分なんて価値のない人間だと思えてきたり・・・。

そのような状態が1か月以上続き、限界を感じていました。

辞める決断をしたことで、気持ちの浮き沈みはなくなりましたが、

「あのとき、相談の仕方を変えたり、ちがう行動起こせばよかったな」と、感じることもあります。

実際に辞める決断をしたこの記事を読むことで、決断の手助けになると供に、辞めると決めて後悔しているポイントもありますので、参考にしていただければと思います。

管理栄養士を辞めようと思った理由

①周りを気にしすぎる性格のため、要らない心配ばかりで疲れてしまった

何をするにも上司、調理スタッフ、その他もろもろに挟まれながら決めていかなければいけないことに

精神的に限界を感じていました。

また、周囲の顔色を気にしすぎるあまり、

相談したいことがあっても「今忙しそうだからあとでがいいかな」「今怒っているのかな」等、変に気を使ってしまい

疲れていました。

また、人と衝突するのが嫌いなこと、自分の意見を言ったところで、取り入れてもらえないと思っていたため、意見があって

も、主張することは少なかったですし、意見を言った後の周りの反応を気にしすぎていました。

早い話が、逃げていたんだと思います。

気の許せる人には話したり相談していましたが、とにかく上司への報告や相談が苦痛でした。

(もっと自信満々に話せていたら、問題はありませんでした)

どんな小さなことでも、報告や相談はつきもののため「なんて言われるかな」と、

精神的に負担になり、自分をどんどん追い詰めていきました。

内向的で自己主張が苦手な私には、周りの人が普通にこなすような報告や確認業務がストレスでした。

どちらかというと、一人でもくもくとこなす作業が好きなのに、なんで管理栄養士になったんだろうと、今更ながら思います・・・。

社会人ですので必要最低限のコミュニケーションはしていましたが、心には常に負担がありました。

②モチベーションがあがらない、続けていく自信がない

忙しい時は、自分の役割がある!という使命感で、残業したり早く出勤して仕事をこなしていました。

しかし、コロナ関連で業務が縮小し、自分のやることが少なくなったときに、

「自分の価値ってなんだろう」「いる意味はあるのだろうか」と思うようになりました。

もちろんやることは探せばありますし、目の前の業務をこなしていけばいいだけです。

忙しい職場で勤務している方からすれば、むしろ羨ましい状況かもしれません。

しかし、「必要とされていない状態」「いてもいなくてもいい状態」が1か月以上続き、私は病んでいました。

もともと「いつかは辞めたいな」と、なんとなく思っていたため、

忙しいと気分もまぎれて、必要とされている気がして忘れていましたが、定年までこの職場で

管理栄養士を続けていくことの疑問がよみがえってきました。

今回、仕事を辞めたいと上司に相談した時、自分の将来像が見えないと話すと、

「目の前の患者さんのため、自分のできることをするだけだよ」と話してくれました。

確かに、そのことを1番に考えて仕事をしていれば、「モチベーションがあがらない」

「このまま仕事を続けてよいのか」等、余計なことを考えずに済んだのかもしれません。

しかし、気持ちを切り替えて前向きに働こうと思える気力がありませんでした。

管理栄養士に向いている人とは

今回、実際辞めると決断したことで、いろいろ自分の足りなかったことや、わかったことがあります。

栄養士・管理栄養士に向いている人は、

①食事を食べてくれる人のことを1番に考えられる人。

②周りを気にしすぎず、自分の意見を主張できる人

だと思います。

①については当たり前ですが、精神的に負荷がかかっている状況が続くと、この思いを持つ余裕がなくなってしいまいます。

 仕事を休むか、転職、または辞める等して自分を大事にすることが必要です。

②については、研修会や職場等で色々な栄養士・管理栄養士の方々を見て感じたことです。

 周囲の目を必要以上に気にせず、自己主張もしっかりし、調理スタッフにも物怖じせすに意見を言えている方は、

 「ザ・栄養士(管理栄養士)!!」だと思います。

また、社会人として、大人として、「自分の意見は、はっきり言わなければいけない」、ということも

実感しました。自己主張する人は、周囲の人が話を聞こうという姿勢で話を聞きます。

しかし、私のようにことなかれ主義で、意見をあまり言わない人は、どうでもいい人として認定され、

周りの人から意見を求められないし、たまに発言したとしても、どうでもいい意見として流される

可能性が高くなります。

消えてなくなりたい・・・辛い時は仕事を休もう!

精神的に追い込まれ、もう仕事に行きたくないと、涙が止まらなくなり早退をした日もありました。

そこで何日かお休みをいただいたり、辞めると決めてからは有休の消化のために休みが多くなりました。

すると、「自分の価値なんかない」「管理栄養士として自分はダメだ」、という考えに支配されていた心がどんどん軽くなっていきました。

仕事を休むだけで、ネガティブな考えは、きれいさっぱりなくなったのです。

辞めるかどうか悩んでいる、とても辛い思いをしている方!!

まずは上司に相談して、1週間くらい仕事を休みましょう。仕事から離れるだけで、だいぶ気持ちが救われます。

すると、本当に辞めたいのか、少し心が疲れて休みたかっただけなのか、

本当はどうしたいのかが見えてきます。

相談できる人がいるときは、何が辛いのか、なんで仕事を辞めたいのかも正直に話しましょう!!

自分の中だけで辞めたいと、もんもんとしていると、辞めたい気持ちが大きくなるだけで、なにも解決しません。

栄養士・管理栄養士はとても大変な仕事です。激務であることが多く、心をすり減らし、心も体も休まることがないです。

自分の心の限界を無視せず、無理な時は無理と必ず周りの人に相談してください。

私も、もっと前に相談して仕事も休んでいたなら、違う選択肢もあったのかなと、すこし後悔しています。

これからについて

コロナも落ち着いていないのに、就職先を決めずに辞めてしまいました。

すぐに仕事に就く予定もないため、貯金を切り崩しながら1年間は生活していこうと思います。

しかし、自分の心に正直に、迷いながらも仕事を辞める決断できた私は、

これから先も、どうにか頑張っていけるんじゃないかなと根拠のない自信があります。

無事に私らしい生き方を見つけられたら、

辛い気持ちをしている栄養士・管理栄養士の方々に、

「辞めちゃえ!!転職して環境を変えるのもありだよ!!」と、自信満々にお勧めしたいと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる